塾対象説明会~森村学園中・高~

田園都市線「つくし野」駅から徒歩5分、幼稚園から初等部、中等部そして高等部と15ヶ年教育を掲げる「森村学園」にお邪魔してきました。

https://www.morimura.ac.jp/jsh/

高校からの募集はありませんので遅くとも中学から入学しなければ、この最高の学校に通うことはできません。

2020年に創立110周年を迎えた神奈川私学を代表する1校です。

創設者の森村市左衛門翁。日本のセラミック産業の創始者であり、日米貿易の先駆者、そして慶應義塾や日本女子大、北里研究所など教育・研究機関に多大な支援をされた方です。私達の身近にあるもので子ども達にピンとくるものならば生活に欠かせないトイレ! TOTOの設立など伝説的な人物です。

そして、その創設者の理念を受け継ぎ、さらに見事に発展させている学校です。

私の主観ですが、この学校をざっとまとめて言うならば、「保護者と時代が求めているものが全て詰まっていて、しかもそれがほど良いバランスで配置された学校」です。

はっきりいってすごくいい!

塾関係者を敵に回しちゃいますが、こういう「本物の教育」を日々実践、そしてさらに未来へと向かっている学校をみると、我ら塾講師程度が「教育」なんて言葉を使うのは本当におこがましい。足元にも及びません。

校長先生は日本の中・高では珍しい外国人の方で説明会は英語のスピーチから始まります。もちろん日本語も堪能です。

まず、進学実績。着実に伸びていますね。しかも、パンフレットにはその数が出ていますが、よくある合格者総数ではなく「進学者数」で表しているのも実直ですごくいいですね。

また、ICT教育もただ単にタブレットを渡すだけじゃなく実に考えられています。Microsoft認定・教育イノベーターの先生が4名もいます。

特筆すべきは科目の勉強にプラスした「言語技術教育」です。西洋言語圏の母語教育の根幹を実践し、さらにはつくば言語技術教育研究所と提携して子ども達に真の母語力を身に付けさせています。上っ面の4技能ではなく「聞く・話す/読む/書く/思考する」と5機能の鍛錬をしています。

英語が得意な子はルート別学習といって、数学など他教科もアメリカの教科書を使い、また教室での雑談もすべて英語というクラスがあります。

さらにさらにさらに!!

2021年のスタートした「US Dual Diploma Program」(希望者制)は、放課後や週末に米国の名門高校の授業をオンラインで受講し、日米2つの卒業証書を取得できるという画期的なプログラムがあります。これは本当に魅力的ですよね!!

進学実績、言語技術、未来志向、ICT環境、そして国際教育と、時代が求めているものがここにあると感じました。

こういう環境で育った子が次世代の日本を支えていくのでしようね。

校舎もものすごく綺麗で快適そのものです

まだまだお伝えしたいことはあるのですが、今回はこの辺で。

あ、最後に一つだけ。配れた資料やパワーポイントでのフォントがUDデジタル教科書体でした。こういうところにも細心の配慮がされていて素敵だなと思いました。

相模原からも十分通学圏内で、長津田乗り換えですが駅チカなのでむしろ通いやすいです。

ぜひ学校説明会へ足をお運びください。説明会は実に考えられていて塾説でこれだけ充実しているのですから、保護者・受験生対象ならなおさら先生方の緻密さと温かさを感じられる会になると思います。おすすめです。

お問い合わせフォーム

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

LINE公式アカウント

慶翔ゼミナールへのアクセス

〒252-0231

相模原市中央区相模原2-12-21

 

TEL/FAX 042(813)3974

 

・JR「相模原」駅南口 徒歩7分

 

・駐輪場完備

 

・駐車場はありません。お近くのコインパーキングをご利用ください。

 

 

 

【お電話/ご訪問受付時間】

 

■平日 9:00~21:30

 

■土日 9:00~18:00

 

※授業中は対応できない場合もございます。ご了承ください。

 

 

TOP