授業料滞納について

ツイッターのTLにもたまに授業料滞納に対する対応とか恨み節とか流れてくる。考え方、対処の仕方はそれぞれの塾、事業所によって異なるだろう。まさに経営者の考えそのものが反映されるものと思っている。

私は滞納に関しては基本1ヶ月まで、待っても2ヶ月と決めている。

なぜか。いたって単純で、数ヶ月もたまったら払えるはずがないからだ。

塾の授業料は1000円2000円ではないので、3ヶ月もたてばケタが1つ増えることもある。そうなれば払いたくても払えない。そもそも塾代だけが払えないわけではないので、そうなると必然的に優先順位としては低くなる。生きていくために必要なお金は他にもあるから。

お互いが不幸になるだけ。もし数ヶ月もためてしまったらもうそれはあきらめるしかない。というか、初めから回収する気なしでその子と向き合いうだけだ。場合によってはその子が将来大人になった時に出世払い的なお話をしてもいいかもしれないが、今の親から回収することはまず無理だ。例えば私学の授業料などはあとから行政から補助金が出るなど将来的な目算があるから多少は流しても、塾にはその手の類は一切ない。そのご家庭の経済状況がいきなり変わるなんてことはないので、まず絶望的だろう。

法的な手続きをして追い込めばいいと思っても、相手の口座情報を知らなければ差し押さえなんてできない。ましてや、その手の情報管理はどんどん厳しくなっているのでそうそう簡単には入手できない。万が一何らかの形で口座を突き止めたとしても、そこにお金がなければもうお手上げ。はっきりいって支払いを滞る人々はそういうことをよぉ~く知っている。だから督促状が来てもへっちゃらである。裁判所経由だろうが弁護士からの手紙だろうが、ないものはないと突っぱねれば回収なんてできないことを十二分に知っている。

なかにはこうなったら家や職場にいって直談判と決意している人もいるだろうが、おすすめしない。今やその道のプロでさえほとんどしない。なぜなら逆に訴えられるからだ。

授業料を納めてもらえなくても、目の前の子供には何の罪もないからなんとか合格までは教えてあげたいという気持ちはよくわかる。私も過去に何人もいた。しかし、それがお互いの後味を悪くする。そこまで腹をくくったらあきらめるしかないのだ。他の生徒との整合性がつかない、というのならそもそも滞納を認めなければいい。膨れ上がった滞納金を後から力づくで回収しようというのはなんだか金利が膨れ上がるのを待つ業者のようだ。

滞納してるのにスマホやゲームを持ったり、旅行に行ったり、お金あんじゃんかと思うこともあるが、これも仕方がない。それもまた生きていくために必要なことであり、そのご家庭にとって優先順位が塾より上なのだ。むしろそういった信頼関係の構築できなかった日々と、そういう人と契約をした自分を恨むしかない。

という戒めをもって、当塾ではよほどの事情がないかぎり滞納は一切認めていない。というか、開業18年になるが滞納でもめたことは一度もない。期日を過ぎたらすぐに連絡を徹底している。おかげさまで皆さん本当にご理解ご協力のあるご家庭ばかりで助けられている。

もし今後特別な事情があり、その子は本当にいい子で信頼できるし最後までしっかり教えてあげたいというのではあれば、塾独自の奨学金制度をつくればいいのではないかと思う。

私も今までいろいろな方々に迷惑をかけ、いろいろな人に助けられた。だからこそ塾が取り立て屋のようなことをやっちゃいかんと思うのだ。

そんなことに労力を使うのであれば、教材研究や生徒募集に頭と時間を使った方がよほど健全だ。そして、そうならないように予防することも経営の一部だと戒めている。

https://sagamihara.keishoseminar.com/

投稿者: keishoseminar

中学受験・高校受験「慶翔ゼミナール」 相模原市中央区相模原2-12-21 JR相模原駅 南口から徒歩5分、住宅街にある学習塾です。 自宅1階を改装し、妻と2人で全塾生を指導します。 今年で開塾18年目となります。朝塾、やっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です