手にした学力を台無しにするものは何か。

大きな疑問がある。それは「詐欺」だ。

だが、なぜ詐欺にひっかかるのかということではない。さて、その前に少し前段の話を。

これだけいろいろなメディアで報道され、昔から「うまい話にゃあウラがある」と語り継がれ、かつ銀行やコンビニのATMには注意喚起のシールがベタベタと貼られ、挙句は送金までに何段階も手数がかかるのに、詐欺撲滅にはほど遠い状況だ。自分は大丈夫と思っている人ほどひっかかりやすいというが、はたして実際の数字がこれだけ多いということはそれもまた事実なのだろう。

資料によれば『平成30年の特殊詐欺の認知件数は16,496件(前年比-1,716件、-9.4%)と、平成22年から7年連続していた増加傾向が減少に転じた。被害額は363.9億円(同-30.8億円、-7.8%)と4年連続で減少している。しかし、依然としてともに高水準で推移しており、深刻な情勢』(警察庁)であることには変わりがない。しかもこれは認知件数であって、氷山の一角に過ぎないだろうということは容易に想像できる。

ある日突然に我が子の危機を聞かされ、情報も乏しく判断力が鈍った高齢者の親心を利用する詐欺には許しがたいものを感じる。

我が家には大金のたの字もないのであまり心配はないが、それでも仮に私や私の兄弟の危機を知らせる電話が私の母親にかかってきたとしたら、母は混乱し、とにもかくにも我が子のためになんとかしようと汗だくで走り回るに違いない。 よって、この手の詐欺に引っかかってしまうのはわからなくもないし、怒りを禁じえない。

ちなみにK奈子さんにいたっては、過去に「訪問味噌」を購入寸前までいきかけたところ私がギリギリで回避した実績があるので、我が子の事となればさらにパニックを起こすことは間違いない。

がしかし、「うまい話」「儲け話」、しかも通常ではあり得ないような金利や報奨金が手に入るような話は別だ。

非難を承知で書けば、あなたがそういう話に乗るから詐欺師どもは図に乗るんだよ、と言いたい。詐欺によって得た資金が増大することで新たな設備や人材に投資ができ、さらに大掛かりな組織となって次のターゲットに襲い掛かる。つまり、被害にあった人もある意味加害者的な責任があるのではないかと思っている。

さて、ここで話を戻す。本題だ。

大きな疑問、というのは詐欺にかかるということ自体ではなく、「なぜに簡単に詐欺にひっかかるような人がそんなにも大金を持ってるのか」ということだ。

もっとズバっと言ってしまえば、

『詐欺にかかる→賢くない→賢くないのにそんなに収入がある→ナゾ』

ということである。

私達がなぜ各教科の考え方や解き方を示し、内申点アップや志望校合格を目指し、勉強こそが大切だと子供達に伝えているかというと、その先の人生で幸せになってほしいからに他ならない。勉強も入試も志望校合格もあくまで手段であって、最終的な目標ではない。

それらを手にすることで、将来自分や社会にとって意義ある仕事につき、俗なことをいえば少しでも収入が多くなるような道を歩んでほしいと願う。これは自然な親心だと思う。(お金だけが全てじゃないという話はここでは主題ではないので別の機会に)

すべてではないが、一般的にいえばそれなりの収入・所得がある人はやはりそれなりの努力をしてきたわけで、仕事で成功するにはおバカさんではできない。つまり、それなりの財を持っている人は一定水準以上に賢いといえるはずだ。

その賢い人が、なぜにあんなに怪しい詐欺にひっかかるのかが不思議でならない。どう考えてもそんなうまい話があるわけないじゃないか、という事案に何百・何千万という大金を出してしまう。本当にわからない。

世の中の詐欺師の連中は、きっとこう思っている。

「世の中、バカばっかりだ」と。

繰り返すが、最大の謎はここだ。そんなにもオツムの弱い人が大金を得るのであれば、勉強は大事だぞー、頭良くないと将来大変だぞー、志望校に合格できないぞー、ある程度学歴は大事だぞー、就職自体にも差がつくし給料だって違うぞー、といっている根本が崩れてしまうことになる。

簡単に詐欺にひっかかるような頭脳で莫大な財を手にすることができれば、別に勉強なんてしなくていいじゃんねーと思う子がいたって不思議じゃない。

なお、お前だってひっかかるんだよ、というご指摘もあろうかと思うが、出す資金そのものがないのでひっかかりたくても無理な話。つまり、前述の論でいけば、財を得ることすらできない低能ということになるわけで、自分自身が残念極まりない。

一人二人であれば、たまたま大金を手にしちゃった人の被害、ということでもいいだろうが、これだけ何年にも渡り全国で被害が出ていれば、それはないだろう。

やはりそれなりの資金や財を持っている人は、それに見合う努力と才能を持ち、成功した道を歩んでいると思う。

では、なぜか。なぜにそんなに簡単にひっかかるのか。

―――――「欲望」なのではないか。

欲望こそが、せっかく今まで努力して得た財を、簡単に手放してしまう最大の業なのではないか。

欲のない人間はいないし、必要なものだとは思う。しかし、ドロドロとした欲望と「向上心」は明らかに違う。混同してはいけない。

欲という点からみれば、詐欺だけに限ったことではない。今日もまた金の亡者たちがニュースを賑わしている。ある程度の肩書を持つ人々が、金にまみれ、性欲を吐き散らし、犯罪に手を染める。すべては欲望だ。

頭脳の良さと欲望の関係は数式では表せない。

いよいよ受験シーズンに突入し、今までと、そしてこれからの努力により君達は志望校合格を手にすることができるだろう。そして、新しい人生の一歩を踏み出す。

そこで、一つだけ心にとどめておいてほしい。

今まで歯をくいしばって頑張って手にしたもの、そしてこれからはそれ以上の困難があり、きっとそれも今まで以上の努力で克服し、今回と同じように成功を手にする日がきっとくる。君なら必ず手にすることができる。

しかし、せっかく手に入れた宝物を一瞬で台無しにするものは「欲望」だ。

ほどほどに、ね。

https://sagamihara.keishoseminar.com/

投稿者: keishoseminar

中学受験・高校受験「慶翔ゼミナール」 相模原市中央区相模原2-12-21 JR相模原駅 南口から徒歩5分、住宅街にある学習塾です。 自宅1階を改装し、妻と2人で全塾生を指導します。 今年で開塾18年目となります。朝塾、やっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です