レヴォリューション No.3

青春モノの小説はこの歳で読むからこんなにもアツいのでしょうか。中学生、高校生にオススメの小説として真っ先に挙げるのは、いつも金城一紀著「レヴォリューション No.3」です。

ザ・ゾンビーズの面々がとんでもなくバカで、熱く、泣けるのです。友とこんな時を過ごせたらと、もう何度読み返したかわかりません。

続編の「フライ、ダディ、フライ」にいたっては勇気と自己嫌悪と涙が交互に押し寄せてくる、中年オヤジ必読書です。突き出た自分の腹と愛する娘たちを見るたびに親父としてこうでなきゃいかんと勇気をもらうのですが、今日もまた同じような日々を過ごしている自分に嫌気がさしてきます。

著者の金城一紀氏はここ近年は新刊はありませんが、ドラマでは岡田准一氏主演「SP」の脚本をかいた人であり、映画では窪塚洋介氏主演「GO」の原作者です。彼の作品はそれほど多くはないので制覇は難しくありません。どれも大好き。映画好きにもたまらない描写があって、作品内に出てくる映画も片っ端から観たくなります。

「映画篇」も絶妙。ついつい年老いたK奈子さんを想像してしまい、泣けてきます。

忙しい時ほど、こういう本を読んでしまいます。

だからまた、次も頑張れるのかも。

https://sagamihara.keishoseminar.com/

投稿者: keishoseminar

中学受験・高校受験「慶翔ゼミナール」 相模原市中央区相模原2-12-21 JR相模原駅 南口から徒歩5分、住宅街にある学習塾です。 自宅1階を改装し、妻と2人で全塾生を指導します。 今年で開塾18年目となります。朝塾、やっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です